FC2ブログ

プロフィール

ろくなな

Author:ろくなな
めいぷる:楓鯖  
メイン 聖魔123Lv rokunana
ろくななさん

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ&メイポ ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
28396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7748位
アクセスランキングを見る>>

アニメPV&名曲集



presented by アニソン名曲.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 】   トラックバック(*) | コメント(*) | Page top▲ 管理者用記事編集

新年明けました(*#′∀`艸)

新年明けちゃいました☆

皆様今年もよろしくw

今日は元旦なので、初詣に家族と行く予定でした

まぁ少し事情ができて行かなくなったんですけどね



そして元旦なのに受験生といわれる年の私は

合格率がすごく高い進学校のための塾に行かされておりまして

元旦も通常通り授業…orz

まぁ、ほとんど寝てましたけどヾ(´▽`*;)ゝ"

寝なかったのは英語と数学だけですねw

英語は寝たらウザイ先生だったのでw

数学はメール返すのに必死でしたb

まぁまともに授業聞いてたのは英語だけですねw



ところで皆様

私が最初の方で「あけおめ」って言わなかったのに気付かれた方いますか?

まぁ、私も普通のJCのように友達に0:00分にあけおめメール必死で送ってました

実際全ての人に送れるようになったのは1時過ぎなんですヶどねw


まぁ

朝INしてた人には言いましたけどねw

まぁ新しい記事としてかきますが

新年早々いやな話を見たくない方はみなくておkです



文字だけですいません><



3時55分 rokunanaの名前の由来の我が家の

愛犬、ロク(柴犬♂)が亡くなりました。

だヵらどうしたの、とヵ思う人は

別にここで読み終わってもらって構いません。

後で私がみてこういうこともあったなっということのために

書いているようなものと解釈していただければ

嬉しいです。



ロクは2カ月前から白血病ということが分かり、

抗癌剤とヵを毎日飲んでいて

日に日に痩せいきました。

大晦日の日、ロクを見ると

骨と毛皮しかないといってもいいほど痩せていました。

自分の力で立ち上がることもできず、

家族みんなでロクを支えていました。


そして新年明けて元旦である1月1日

朝7時ごろいつものように起きました。

でも、リビングへ行くとロクがダンボールの中に入ってて、

そばにいた母に「なんでロク、ダンボールにはいっとるん」

と聞きました。

その時コンタクトもメガネもしてなかったので母の顔は

しっかり見えませんでしたが、

何を言っているかもわからないような小さい声で

何かを言っていたので、

今思えばきっと泣いていたんだと思います。

でも、その時私はロクが寒がっていてあったかくするように

ダンボールの中にいれたと思って

そのまま顔を洗いに行きました。


洗面所からリビングへ戻るとなぜか

父も母も兄も弟もいて(普段はあまり揃いません)

父は私がリビングへ戻ってきたのを気付くと、



「ロクが死んだから、手合わせてやってくれ」


そう言いました。


私は父が何言ってるかイマイチ理解できませんでした。

なぜなら、ロクはダンボールの中で寝てるようにしか

見えなかったからです。

まわりに毛布があってあったかそうに

そして気持ちよさそうに目つぶっていましたから。


とりあえず、父の言うとおりロクの入ってるダンボールの前で

手を合わせました。


隣では、目を赤くして泣いてる母がいて

心のどこかで理解してしまったのか、

目が熱くなってきて

数秒手を合わしたら

すぐ隣の部屋にうつりました。


目はもう涙目になってましたが

親の前や兄弟の前で泣くのはとてもいやだったので

眠たいフリをしてうつむいて名だが乾くのを待っていました。


その後、いつもの元旦の挨拶抜きと同じような日程でした。

私は10時ごろには家を出て

塾へ行きました。

18時ごろ家に帰ったら

父と母がロクの話をしていて、



「ロクはこうだった。~なこともあったな」



と、ロクの話ばかりしていました。


そしてその会話が終わると、両親が泣いてるようで

TVの音が沈黙さをかき消してくれて

とても助かりました。



そして私もリビングを出ていく際

父にこう聞いてしまいました。


「ロク今どこにおるん?」


父は笑って答えました。


「いつも通りその辺にいるだろ」


私は思わず笑ってしまいました。

元旦だヵら燃やすこともできず、外のサンルームというところに

いるはずなのに、そう答えた父の気持ちが

なんとなく感じてしまったからです。


でも、そう言われればリビングの床や畳の部屋などに

いつものように大きな欠伸をして

寝ているようにも見えました。



そして今に至りますが、

今でもやっぱりダンボールに入っていたロクを

思い浮かべると目が熱くなります。

でも、まだいなくなったなんて

理解できなくて

理解したくもなくて

「こんな、元旦ヵら事件おこしやがって」

と、笑ってしまいます。


私の右手にある、ロクがつけた消えない傷跡


これは今日からロクとの思い出の跡になってしまうことが

悲しいですが、それでもいつヵ

現実を受け入れられたら良いなと思います。



ここまで見てくれた方がいましたら、

ぐだぐだで意味がわからないとこもあったと思いますが

読んでくれてありがとうございました。


これからもrokunanaをよろしくお願いします。
スポンサーサイト
トラックバックURL: http://67love.blog9.fc2.com/tb.php/15-d01ff630

*trackback*

*comment*

*please comment*

管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。